取締役と取締役執行役員の違いがよく分かりません

ここ10年程の事ですが特に大手企業の中で取締役とか取締役執行役員,常務取締役と常務執行役員という名称の役員が増えているような気がします。
先日,大手企業の取締役執行役員をしている同級生に電話で質問して聞いた事によると,大まかに言えば会社の重要項目を決定する権限を持つ役員と,決定した事項を実現する従業員としての役割を担う執行役員という役職に分かれるそうです。
ただ両方を兼ね備えた立場の人を取締役執行役員と呼ぶ場合も会社によってはあるようです。
何か分かったようで分からない(笑)ですが,自分なりの解釈では要するに役員ポストを増やすために違った名称を考えたみたいな感じでした。
そういえば副社長・専務・常務といった従来の役職制度を使っていない大企業も結構見受けられます。
代表取締役社長や会長など会社のトップと取締役とがダイレクトな関係を築けるように,中間取締役を無くしていく傾向は今後も続くかもしれませんね。ミュゼ キャンペーン 料金