今日の昼食の水菜は苦手で巨峰には感動させられた

今日の昼食はわかめと水菜としめじの味噌汁と、ご飯にキムチ、ゴーヤと豚肉の炒め物、インゲン豆の煮物、明太子といった残り物を乗せたもの、そして巨峰です。
味噌汁に入っていた水菜ですが、これは私はあまり好きではありません。
しゃきしゃきして味があまり感じないからなのですが、他の家族は割と好きなようでよく食べており、同じものを食べて生活していても好き嫌いは分かれるものだなと思うのでした。
ご飯に色んなものを乗せたものはレンジで2分温めたら何か面白いことになるのかと思ったのですが、普通に温まっただけで、キムチは温まったらおかしな味になるのではないかと思ったらあまり温まっておらず普通に食べられます。
一番驚いたのは巨峰を食べた時で、種を出そうとしたのですが種が口の中で舌で探っても見つかりません。
どういうことかと思ったら種無し巨峰だとパッケージに書かれていました。
私は種のあるブドウが苦手だったのですがこれは美味しく食べれて農作物の品種改良技術に感動させられます。
こういう現代の品種改良の成果を調べてみても面白そうだと思いました。ミュゼ 申し込み期間